2023年の吉日開運日はいつなのか?2023年の吉日開運日カレンダーで、「一粒万倍日」と「天赦日」の2つの吉日が重なる「最強開運日」をはじめとした、月ごとの吉日・開運日、凶日と重なる日をご紹介します。月毎に分かれているので良い日・注意が必要な日もひと目でわかるでしょう。2023年の吉日開運日をチェックしてラッキーな日々を過ごしてみてくださいね。

様々な占術を熟知した話題の占い師、水晶玉子さんの公式占いサイト『水晶玉子 新ペルシャン占星術』では、2023年の運勢を無料で占うことができます。

▼2023年のあなたの運勢は?▼

ニックネーム ※必須
生年月日 ※必須
入力内容をご確認ください。

独身終了 入籍日までピタリ!あなたにもうすぐ訪れる 出会い 交際 結婚

吉日が重なった最強開運日とは?2023年はいつ?

天赦日は、日本の暦の上で最高の吉日と言われ、よく宝くじ売り場等でもよくみられますよね。天赦日は、年に5〜6回と少なくとても特別な吉日。特に一粒万倍日と重なる日は最強開運日と言われています。
そして2023年の3月21日は、2023年で最強の開運日といわれています。この日は「一粒万倍日」「天赦日」の他に金運に良いとされている「寅の日」の3つが重なる日特別な最高開運日です。2023年に3日だけ訪れる、最高開運日がいつなのかご紹介しましょう。

2023年の最強開運日はいつ?天赦日&一粒万倍日が重なる最強開運日

2023年の最強開運日は、以下の3日間です。天赦日と一粒万倍日という最高峰の開運日が重なった日が該当します。

2023年の最強開運日
2023年1月6日(金) 天赦日、一粒万倍日
2023年3月21日(火) 天赦日、一粒万倍日、寅の日
2023年8月4日(金) 天赦日、一粒万倍日、母倉日

2023年の中でもこの3日間は特に金運が高まる日。
お財布の新調や使い始めや、大きな買い物を決断したり、宝くじ購入にも適した日とされています。金運を意識した行動をすると開運に繋がるでしょう。

水晶玉子さんの金運アップ法が気になる方はこちらの記事もご覧ください。

金運占いで運気を知ってお金の対策を始めてみる?生年月日で分かる金運アップする方法

ニックネーム ※必須
生年月日 ※必須
入力内容をご確認ください。

2023年「吉日・開運カレンダー」

2023年の各月の吉日と開運日をまとめた「吉日・開運カレンダー」を確認してみましょう。何か行動を起こす際や、予定を決める際に、ぜひ参考にしてみてください。

2023年1月「吉日・開運カレンダー」

1月1日(日) 【先負】大明日
1月2日(月) 【仏滅】大明日、母倉日
1月3日(火) 【大安】大明日、母倉日
1月4日(水) 【赤口】
1月5日(木) 【先勝】一粒万倍日※不成就日
1月6日(金) 【友引】天赦日、一粒万倍日※最強開運日
1月7日(土) 【先負】
1月8日(日) 【仏滅】寅の日
1月9日(月) 【大安】一粒万倍日
1月10日(火) 【赤口】
1月11日(水) 【先勝】大明日、母倉日、己巳の日
1月12日(木) 【友引】大明日、母倉日
1月13日(金) 【先負】大明日※不成就日
1月14日(土) 【仏滅】大明日
1月15日(日) 【大安】大明日
1月16日(月) 【赤口】
1月17日(火) 【先勝】
1月18日(水) 【友引】一粒万倍日
1月19日(木) 【先負】大明日
1月20日(金) 【仏滅】寅の日
1月21日(土) 【大安】一粒万倍日、大明日※不成就日
1月22日(日) 【先勝】
1月23日(月) 【友引】母倉日、巳の日
1月24日(火) 【先負】大明日、母倉日※不成就日
1月25日(水) 【仏滅】
1月26日(木) 【大安】大明日
1月27日(金) 【赤口】
1月28日(土) 【先勝】
1月29日(日) 【友引】大明日
1月30日(月) 【先負】一粒万倍日
1月31日(火) 【仏滅】

2023年2月「吉日・開運カレンダー」

2月1日(水) 【大安】寅の日※不成就日
2月2日(木) 【赤口】一粒万倍日
2月3日(金) 【先勝】大明日
2月4日(土) 【友引】巳の日
2月5日(日) 【先負】一粒万倍日
2月6日(月) 【仏滅】大明日
2月7日(火) 【大安】
2月8日(水) 【赤口】
2月9日(木) 【先勝】※不成就日
2月10日(金) 【友引】母倉日
2月11日(土) 【先負】母倉日
2月12日(日) 【仏滅】一粒万倍日
2月13日(月) 【大安】大明日、寅の日
2月14日(火) 【赤口】
2月15日(水) 【先勝】大明日
2月16日(木) 【友引】大明日、巳の日
2月17日(金) 【先負】一粒万倍日、大明日※不成就日
2月18日(土) 【仏滅】大明日
2月19日(日) 【大安】
2月20日(月) 【友引】大明日
2月21日(火) 【先負】大明日※不成就日
2月22日(水) 【仏滅】大明日、母倉日
2月23日(木) 【大安】母倉日
2月24日(金) 【赤口】一粒万倍日
2月25日(土) 【先勝】寅の日
2月26日(日) 【友引】
2月27日(月) 【先負】大明日
2月28日(火) 【仏滅】巳の日

2023年3月「吉日・開運カレンダー」

3月1日(水) 【大安】一粒万倍日、大明日※不成就日
3月2日(木) 【赤口】大明日
3月3日(金) 【先勝】大明日
3月4日(土) 【友引】大明日
3月5日(日) 【先負】
3月6日(月) 【仏滅】母倉日
3月7日(火) 【大安】母倉日
3月8日(水) 【赤口】
3月9日(木) 【先勝】一粒万倍日、寅の日※不成就日
3月10日(金) 【友引】
3月11日(土) 【先負】
3月12日(日) 【仏滅】大明日、己巳の日
3月13日(月) 【大安】大明日
3月14日(火) 【赤口】大明日
3月15日(水) 【先勝】大明日
3月16日(木) 【友引】一粒万倍日、大明日
3月17日(金) 【先負】※不成就日
3月18日(土) 【仏滅】母倉日
3月19日(日) 【大安】母倉日
3月20日(月) 【赤口】大明日
3月21日(火) 【先勝】天赦日、一粒万倍日、寅の日 ※最強開運日
3月22日(水) 【友引】大明日
3月23日(木) 【先負】※不成就日
3月24日(金) 【仏滅】巳の日
3月25日(土) 【大安】大明日
3月26日(日) 【赤口】
3月27日(月) 【先勝】大明日
3月28日(火) 【友引】一粒万倍日
3月29日(水) 【先負】
3月30日(木) 【仏滅】大明日
3月31日(金) 【大安】母倉日※不成就日

2023年4月「吉日・開運カレンダー」

4月1日(土) 【赤口】
4月2日(日) 【先勝】一粒万倍日、寅の日
4月3日(月) 【友引】
4月4日(火) 【先負】大明日
4月5日(水) 【仏滅】母倉日、巳の日
4月6日(木) 【大安】母倉日
4月7日(金) 【赤口】大明日
4月8日(土) 【先勝】※不成就日
4月9日(日) 【友引】
4月10日(月) 【先負】
4月11日(火) 【仏滅】
4月12日(水) 【大安】一粒万倍日
4月13日(木) 【赤口】
4月14日(金) 【先勝】大明日、寅の日
4月15日(土) 【友引】一粒万倍日
4月16日(日) 【先負】大明日※不成就日
4月17日(月) 【仏滅】大明日、母倉日、巳の日
4月18日(火) 【大安】大明日、母倉日
4月19日(水) 【赤口】大明日
4月20日(木) 【先負】※不成就日
4月21日(金) 【仏滅】大明日
4月22日(土) 【大安】大明日
4月23日(日) 【赤口】大明日
4月24日(月) 【先勝】一粒万倍日
4月25日(火) 【友引】
4月26日(水) 【先負】寅の日
4月27日(木) 【仏滅】一粒万倍日
4月28日(金) 【大安】大明日※不成就日
4月29日(土) 【赤口】母倉日、巳の日
4月30日(日) 【先勝】大明日、母倉日

2023年5月「吉日・開運カレンダー」

5月1日(月) 【友引】大明日
5月2日(火) 【先負】大明日
5月3日(水) 【仏滅】大明日
5月4日(木) 【大安】
5月5日(金) 【赤口】
5月6日(土) 【先勝】※不成就日
5月7日(日) 【友引】
5月8日(月) 【先負】
5月9日(火) 【仏滅】一粒万倍日、母倉日
5月10日(水) 【大安】一粒万倍日
5月11日(木) 【赤口】大明日、己巳の日
5月12日(金) 【先勝】大明日
5月13日(土) 【友引】大明日
5月14日(日) 【先負】大明日※不成就日
5月15日(月) 【仏滅】大明日
5月16日(火) 【大安】
5月17日(水) 【赤口】
5月18日(木) 【先勝】
5月19日(金) 【友引】大明日
5月20日(土) 【仏滅】母倉日、寅の日
5月21日(日) 【大安】一粒万倍日、大明日、母倉日
5月22日(月) 【赤口】一粒万倍日
5月23日(火) 【先勝】巳の日※不成就日
5月24日(水) 【友引】大明日
5月25日(木) 【先負】
5月26日(金) 【仏滅】大明日
5月27日(土) 【大安】
5月28日(日) 【赤口】
5月29日(月) 【先勝】大明日
5月30日(火) 【友引】
5月31日(水) 【先負】※不成就日

2023年6月「吉日・開運カレンダー」

6月1日(木) 【仏滅】母倉日、寅の日
6月2日(金) 【大安】一粒万倍日、母倉日
6月3日(土) 【赤口】一粒万倍日、大明日
6月4日(日) 【先勝】巳の日
6月5日(月) 【友引】天赦日
6月6日(火) 【先負】大明日
6月7日(水) 【仏滅】
6月8日(木) 【大安】※不成就日
6月9日(金) 【赤口】
6月10日(土) 【先勝】
6月11日(日) 【友引】
6月12日(月) 【先負】
6月13日(火) 【仏滅】大明日、母倉日、寅の日
6月14日(水) 【大安】母倉日
6月15日(木) 【赤口】大明日
6月16日(金) 【先勝】一粒万倍日、大明日、巳の日※不成就日
6月17日(土) 【友引】一粒万倍日、大明日
6月18日(日) 【大安】大明日
6月19日(月) 【赤口】
6月20日(火) 【先勝】大明日
6月21日(水) 【友引】大明日
6月22日(木) 【先負】大明日※不成就日
6月23日(金) 【仏滅】
6月24日(土) 【大安】
6月25日(日) 【赤口】母倉日、寅の日
6月26日(月) 【先勝】母倉日
6月27日(火) 【友引】大明日
6月28日(水) 【先負】一粒万倍日、巳の日
6月29日(木) 【仏滅】一粒万倍日、大明日
6月30日(金) 【大安】大明日※不成就日

2023年7月「吉日・開運カレンダー」

7月1日(土) 【赤口】大明日
7月2日(日) 【先勝】大明日
7月3日(月) 【友引】
7月4日(火) 【先負】
7月5日(水) 【仏滅】
7月6日(木) 【大安】
7月7日(金) 【赤口】寅の日
7月8日(土) 【先勝】※不成就日
7月9日(日) 【友引】
7月10日(月) 【先負】大明日、母倉日、己巳の日
7月11日(火) 【仏滅】一粒万倍日、大明日、母倉日
7月12日(水) 【大安】大明日
7月13日(木) 【赤口】大明日
7月14日(金) 【先勝】一粒万倍日、大明日
7月15日(土) 【友引】
7月16日(日) 【先負】※不成就日
7月17日(月) 【仏滅】
7月18日(火) 【赤口】大明日
7月19日(水) 【先勝】寅の日
7月20日(木) 【友引】大明日
7月21日(金) 【先負】
7月22日(土) 【仏滅】母倉日、巳の日
7月23日(日) 【大安】一粒万倍日、大明日、母倉日※不成就日
7月24日(月) 【赤口】
7月25日(火) 【先勝】大明日
7月26日(水) 【友引】一粒万倍日
7月27日(木) 【先負】
7月28日(金) 【仏滅】大明日
7月29日(土) 【大安】
7月30日(日) 【赤口】
7月31日(月) 【先勝】寅の日※不成就日

2023年8月「吉日・開運カレンダー」

8月1日(火) 【友引】
8月2日(水) 【先負】大明日
8月3日(木) 【仏滅】母倉日、巳の日
8月4日(金) 【大安】天赦日、一粒万倍日、母倉日
8月5日(土) 【赤口】大明日
8月6日(日) 【先勝】
8月8日(火) 【先負】母倉日※不成就日
8月9日(水) 【仏滅】
8月10日(木) 【大安】一粒万倍日
8月11日(金) 【赤口】母倉日
8月12日(土) 【先勝】大明日、寅の日
8月13日(日) 【友引】
8月14日(月) 【先負】大明日、母倉日
8月15日(火) 【仏滅】大明日、巳の日
8月16日(水) 【先勝】大明日
8月17日(木) 【友引】一粒万倍日、大明日、母倉日
8月18日(金) 【先負】天赦日※不成就日
8月19日(土) 【仏滅】大明日
8月20日(日) 【大安】大明日、母倉日
8月21日(月) 【赤口】大明日
8月22日(火) 【先勝】一粒万倍日
8月23日(水) 【友引】母倉日
8月24日(木) 【先負】寅の日
8月25日(金) 【仏滅】
8月26日(土) 【大安】大明日、母倉日※不成就日
8月27日(日) 【赤口】巳の日
8月28日(月) 【先勝】大明日
8月29日(火) 【友引】一粒万倍日、大明日、母倉日
8月30日(水) 【先負】大明日
8月31日(木) 【仏滅】大明日

2023年9月「吉日・開運カレンダー」

9月1日(金) 【大安】母倉日
9月2日(土) 【赤口】
9月3日(日) 【先勝】一粒万倍日※不成就日
9月4日(月) 【友引】母倉日
9月5日(火) 【先負】寅の日
9月6日(水) 【仏滅】
9月7日(木) 【大安】母倉日
9月8日(金) 【赤口】大明日、己巳の日
9月9日(土) 【先勝】大明日
9月10日(日) 【友引】大明日、母倉日
9月11日(月) 【先負】一粒万倍日、大明日※不成就日
9月12日(火) 【仏滅】大明日
9月13日(水) 【大安】母倉日
9月14日(木) 【赤口】
9月15日(金) 【友引】
9月16日(土) 【先負】大明日、母倉日※不成就日
9月17日(日) 【仏滅】寅の日
9月18日(月) 【大安】一粒万倍日、大明日
9月19日(火) 【赤口】母倉日
9月20日(水) 【先勝】巳の日
9月21日(木) 【友引】大明日
9月22日(金) 【先負】母倉日
9月23日(土) 【仏滅】一粒万倍日、大明日
9月24日(日) 【大安】※不成就日
9月25日(月) 【赤口】母倉日
9月26日(火) 【先勝】大明日
9月27日(水) 【友引】
9月28日(木) 【先負】母倉日
9月29日(金) 【仏滅】寅の日
9月30日(土) 【大安】一粒万倍日

2023年10月「吉日・開運カレンダー」

10月1日(日) 【赤口】大明日、母倉日
10月2日(月) 【先勝】巳の日※不成就日
10月3日(火) 【友引】
10月4日(水) 【先負】大明日、母倉日
10月5日(木) 【仏滅】一粒万倍日
10月6日(金) 【大安】
10月7日(土) 【赤口】母倉日
10月8日(日) 【先勝】
10月9日(月) 【友引】
10月10日(火) 【先負】※不成就日
10月11日(水) 【仏滅】大明日、寅の日
10月12日(木) 【大安】
10月13日(金) 【赤口】大明日
10月14日(土) 【先勝】大明日、母倉日、巳の日
10月15日(日) 【先負】一粒万倍日、大明日、母倉日※不成就日
10月16日(月) 【仏滅】大明日
10月17日(火) 【大安】天赦日
10月18日(水) 【赤口】一粒万倍日、大明日
10月19日(木) 【先勝】大明日
10月20日(金) 【友引】大明日
10月21日(土) 【先負】
10月22日(日) 【仏滅】
10月23日(月) 【大安】寅の日※不成就日
10月24日(火) 【赤口】
10月25日(水) 【先勝】大明日
10月26日(木) 【友引】母倉日、巳の日
10月27日(金) 【先負】一粒万倍日、大明日、母倉日
10月28日(土) 【仏滅】大明日
10月29日(日) 【大安】大明日
10月30日(月) 【赤口】一粒万倍日、大明日
10月31日(火) 【先勝】※不成就日

2023年11月「吉日・開運カレンダー」

11月1日(水) 【友引】
11月2日(木) 【先負】
11月3日(金) 【仏滅】
11月4日(土) 【大安】寅の日
11月5日(日) 【赤口】
11月6日(月) 【先勝】
11月7日(火) 【友引】大明日、母倉日、己巳の日
11月8日(水) 【先負】大明日※不成就日
11月9日(木) 【仏滅】大明日
11月10日(金) 【大安】大明日、母倉日
11月11日(土) 【赤口】一粒万倍日、大明日、母倉日
11月12日(日) 【先勝】一粒万倍日
11月13日(月) 【仏滅】
11月14日(火) 【大安】
11月15日(水) 【赤口】大明日
11月16日(木) 【先勝】寅の日※不成就日
11月17日(金) 【友引】大明日
11月18日(土) 【先負】
11月19日(日) 【仏滅】己の日
11月20日(月) 【大安】大明日
11月21日(火) 【赤口】
11月22日(水) 【先勝】大明日、母倉日
11月23日(木) 【友引】一粒万倍日、母倉日
11月24日(金) 【先負】一粒万倍日※不成就日
11月25日(土) 【仏滅】大明日
11月26日(日) 【大安】
11月27日(月) 【赤口】
11月28日(火) 【先勝】寅の日
11月29日(水) 【友引】
11月30日(木) 【先負】大明日

2023年12月「吉日・開運カレンダー」

12月1日(金) 【仏滅】巳の日
12月2日(土) 【大安】※不成就日
12月3日(日) 【赤口】大明日
12月4日(月) 【先勝】母倉日
12月5日(火) 【友引】一粒万倍日、母倉日
12月6日(水) 【先負】一粒万倍日
12月7日(木) 【仏滅】一粒万倍日
12月8日(金) 【大安】一粒万倍日
12月9日(土) 【赤口】
12月10日(日) 【先勝】大明日、寅の日※不成就日
12月11日(月) 【友引】
12月12日(火) 【先負】大明日
12月13日(水) 【大安】大明日、巳の日
12月14日(木) 【赤口】大明日
12月15日(金) 【先勝】大明日
12月16日(土) 【友引】母倉日
12月17日(日) 【先負】大明日、母倉日※不成就日
12月18日(月) 【仏滅】大明日
12月19日(火) 【大安】一粒万倍日、大明日
12月20日(水) 【赤口】一粒万倍日
12月21日(木) 【先勝】
12月22日(金) 【友引】寅の日
12月23日(土) 【先負】
12月24日(日) 【仏滅】大明日
12月25日(月) 【大安】巳の日※不成就日
12月26日(火) 【赤口】大明日
12月27日(水) 【先勝】大明日
12月28日(木) 【友引】大明日、母倉日
12月29日(金) 【先負】大明日、母倉日
12月30日(土) 【仏滅】
12月31日(日) 【大安】一粒万倍日

水晶玉子流・2023年吉日開運日との付き合い方

小さな滴が集まって大河を成すように、一人一人の知恵や判断力
一日一日の積み重ねがものをいう年。
和暦を上手に利用して温かく豊かな春を迎えましょう。

テレビでも話題の人気占術家、水晶玉子さんによる「水晶玉子 開運・和暦ダイアリー2023年」が発売されました。水晶玉子さん曰く、万人に共通する運気として、「暦」重要性を痛感していらっしゃるそうです。例えば、多くの人が関わる重要な予定の日取りを決めるには、みんなに共通し、納得できる【吉日】が大事だと実感されているそうですよ。

2023年はどんな年?

2023年の干支は「癸卯(みずのとう)」です。「癸」は水の陰の気で、雨や清流を司ります。砕け散ったものを含んだ濁流が、少しずつ濾過され、さまざまなものを洗い流し、清らかな水が新しいものの芽を育てるイメージがあるのが「癸」の年です。また、「癸」は五行十干の最後の気であることから、2023年は終わるもの、過去になるものが沢山あります。各分野をリードする人々の世代交代も行われ、デジタル機器の発展などで生活習慣も変わりそうです。2020年に始まった時代の大転換はまだ続きますが、2023年はその方向性、形が少しずつ見えてくる年でしょう。

2023年は雨を表す「癸」、強い生命力で生き抜くウサギを表す「卯」の年。どちらも小さいものの積み重ねが力に変わるという意味では、毎日の予定を立てて日々の計画をしていくことは2023年の開運につながるかもしれませんね。

水晶玉子さんの占いが気になる方はこちらの占いを参考にしてみてください。2023年のあなたの運勢がどのようになっているのか無料で占ってみましょう。

2023年の「あなたの総合運」

今すぐ占う

※11月公開予定

2023年吉日・開運日カレンダー「六曜について」

カレンダーなどにも書いてあるので、おなじみの方もいらっしゃると思いますが、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つを六曜(ろくよう、りくよう)と呼び、日にちの吉凶を占う指標とされています。六曜は古来中国で、時間を区切る際に使われていた考え方で、日本でも当初も時間の吉凶を占う指標として用いられていました。

知っているようで知らない、それぞれの意味についてと、「すると良いこと」「するとNGなこと」をご紹介します。

大安とは?

六曜の中で一番の吉日。「大いに安し」と言う意味で、婚礼などの祝事をはじめ、何事もにも吉とされ、財布や靴、車など身の回りのものを新調するにもよい日とされています。

大安の日にすると良いこと

  • 結婚、結納
  • 引っ越し
  • 旅行
  • 大きな買い物
  • 人生の一大イベント
  • お財布の購入
  • 宝くじの購入

何かのゲンを担ぎたいというときにも、なるべく大安の日に合わせるのがよいと言えるでしょう。

大安の日にするとNGなこと

  • 葬儀や法事などの忌みごと

大安は「何ごとにおいても吉」ということですが、おめでたい日ですので、葬儀や法事などの忌みごとは避けたほうがよいとされています。

赤口とは?

「しゃっこう」または「しゃっく」と読みます。別名を「赤舌日(しゃくぜつにち)」といわれ、赤舌神という神様の部下である鬼が支配する日といわれています。この鬼は非常に悪く、人々を惑わせ、苦しめるため、赤口は仏滅に次ぐ凶日とされています。また、「赤」の字が血や火を連想させるため、火事や怪我に気を付けないといけない日といわれています。

赤口の日にすると良いこと

  • なし

基本的には、仏滅と同様に、この日におこなうとよいとされることはありません。ただし、11時から13時の2時間だけは、運勢が吉となると言われているので、何かをするのであればこの時間帯におこなうといいでしょう。

赤口の日にするとNGなこと

  • 結婚前の顔合わせ(血族間の争いを生む可能性がある)
  • 引っ越し(火事などを連想させる)

何ごとにも適さない日ですが、とくに「血」や「火」に関係する以下のイベントは避けたほうがいいでしょう。

先勝とは?

「せんしょう」または「さきがち」と読みます。「先んずればすなわち勝つ」という意味があり、何かをおこなう場合には、一日のうちの早い時間帯にするのがよいとされる吉日です。ただし、午後は凶とされており、一日のなかでも時間帯によって吉凶が大きく変わるのも特徴です。

先勝の日にすると良いこと

  • 裁判
  • 願掛け

「勝」の漢字が含まれることから、勝負ごと全般には縁起がよい日とされています。

先勝の日にするとNGなこと

  • お通夜

お通夜を先勝の日におこなう場合、葬儀が友引の日となってしまうために、お通夜を先勝の日にするのは避けたほうがよいでしょう。その他は、とくにやらないほうがよいことはありませんが、何をするにも午後は避けるべきです。

友引とは?

「ともびき」と読み、大安に次いで縁起がよい日とされています。先勝と先負の間に友引がくることから、「相友引きとて勝負無し」と、勝ち負けのない日であるとされています。

友引の日にすると良いこと

  • 結婚、入籍

「友人に福を引く」ということから、おめでたい行事をおこなうのがよいとされています。

友引の日にするとNGなこと

  • 葬儀、お通夜

「友を引く」といわれ、他人の死を誘うという意味があることから、古来より友引には葬儀を避ける習慣があります。この習慣のため、友引の前の日に訪れる先勝の日のお通夜もさけるべきといわれています。

先負とは?

「せんぶ」または「さきまけ」と読み、その字のごとく「午前中は凶、午後は吉」とされている日です。以前は「将吉(しょうきち)」と呼ばれていたものが変化したようです。先勝は「午前中に先回りすると吉」という前向きな意味がありましたが、先負の午後は、縁起がよいというよりも、「先勝の午後よりはマシ」という程度の「小吉」というニュアンスがあります。

先負の日にすると良いこと

  • なし

何をするにも、正午を過ぎてから実施するのが望ましいです。先負の日におこなうと特別によいということもありません。

先負の日にするとNGなこと

  • 午前中に縁起を気にするようなイベント
  • 裁判などの勝負

午前中に縁起を気にするようなイベントをおこなうのは避けたほうがよいです。また、「負け」の字が入っているため、裁判などの勝負ごとは、縁起が悪いとされています。

仏滅とは?

「ぶつめつ」と読み、「仏も滅びる」という意味からも分かるように、六曜のなかで最も縁起が悪いとされる凶日です。お祝いごとなどには全く適さない日です。

仏滅の日にすると良いこと

  • なし

仏滅の日にするとよいことは、基本的に何もありません。
ただ、縁起を気にしない方であれば、たとえば結婚式場の予約などは取りやすく、会場によってはほかの吉日よりも割安で利用できる可能性もあります。

仏滅の日にするとNGなこと

  • 結婚や仕事に関する事
  • 縁起を気にする行事

結婚や仕事に関することなど、あらゆる縁起を気にする行事などは、仏滅を避けたほうがよいでしょう。

2023年吉日・開運日カレンダー「吉日・開運日について」

六曜とは別に、何かを始めるのによいとされる日があり、これを吉日と呼んでいます。「思い立ったら吉日」という言葉があるように、昔から日本人はこの吉日を大切にしてきました。

続いては、六曜と同様に、代表的な吉日についてもご紹介をしていきましょう。一部、吉日と併せて知っておきたい凶日についても取り上げます。

2023年吉日・開運日カレンダー「吉日・開運日について」

六曜とは別に、何かを始めるのによいとされる日があり、これを吉日と呼んでいます。「思い立ったら吉日」という言葉があるように、昔から日本人はこの吉日を大切にしてきました。

続いては、六曜と同様に、代表的な吉日についてもご紹介をしていきましょう。一部、吉日と併せて知っておきたい凶日についても取り上げます。

一粒万倍日とは?

「いちりゅうまんばいび」と読みます。「一粒万倍」とは、一粒の小さな籾が成長をして、万倍にも実り、見事な稲穂になるという意味を表しています。つまり、はじめたことが何倍にも膨らむ夢のような日と言われています。とくに金運との繋がりが大きい吉日です。

一粒万倍日の日にすると良いこと

  • 宝くじの購入
  • 財布の買い替え
  • 開業、独立
  • 新たなビジネスやプロジェクト
  • 引っ越し
  • 習いごと

一粒万倍日は、新しく何かをスタートするのに最適な日です。金運にまつわることや、ビジネスに関する事柄をはじめるとよいでしょう。

一粒万倍日の日にするとNGなこと

  • 借金

一粒万倍日は、よいことをはじめると大きい実りを与えてくれますが、裏を返せば、この日にはじめた悪いことも、同じように膨らんでしまいます。端的な例が借金で、この日にお金を借りると、借金が膨れ上がってしまう可能性があるのです。いいことだけでなく、悪いことも大きくなってしまうということなので注意しましょう。

2023年の一粒万倍日

1月5日(木) 【先勝】一粒万倍日※不成就日
1月6日(金) 【友引】天赦日、一粒万倍日
1月9日(月) 【大安】一粒万倍日
1月18日(水) 【友引】一粒万倍日
1月21日(土) 【大安】一粒万倍日、大明日※不成就日
1月30日(月) 【先負】一粒万倍日
2月2日(木) 【赤口】一粒万倍日
2月5日(日) 【先負】一粒万倍日
2月12日(日) 【仏滅】一粒万倍日
2月17日(金) 【先負】一粒万倍日、大明日※不成就日
2月24日(金) 【赤口】一粒万倍日
3月1日(水) 【大安】一粒万倍日、大明日※不成就日
3月9日(木) 【先勝】一粒万倍日、寅の日※不成就日
3月16日(木) 【友引】一粒万倍日、大明日
3月21日(火) 【先勝】天赦日、一粒万倍日、寅の日
3月28日(火) 【友引】一粒万倍日
4月2日(日) 【先勝】一粒万倍日、寅の日
4月12日(水) 【大安】一粒万倍日
4月15日(土) 【友引】一粒万倍日
4月24日(月) 【先勝】一粒万倍日
4月27日(木) 【仏滅】一粒万倍日
5月9日(火) 【仏滅】一粒万倍日、母倉日
5月10日(水) 【大安】一粒万倍日
5月21日(日) 【大安】一粒万倍日、大明日、母倉日
5月22日(月) 【赤口】一粒万倍日
6月2日(金) 【大安】一粒万倍日、母倉日
6月3日(土) 【赤口】一粒万倍日、大明日
6月16日(金) 【先勝】一粒万倍日、大明日、巳の日※不成就日
6月17日(土) 【友引】一粒万倍日、大明日
6月28日(水) 【先負】一粒万倍日、巳の日
6月29日(木) 【仏滅】一粒万倍日、大明日
7月11日(火) 【仏滅】一粒万倍日、大明日、母倉日
7月14日(金) 【先勝】一粒万倍日、大明日
7月23日(日) 【大安】一粒万倍日、大明日、母倉日※不成就日
7月26日(水) 【友引】一粒万倍日
8月4日(金) 【大安】天赦日、一粒万倍日、母倉日
8月7日(月) 【友引】一粒万倍日
8月10日(木) 【大安】一粒万倍日
8月17日(木) 【友引】一粒万倍日、大明日、母倉日
8月22日(火) 【先勝】一粒万倍日
8月29日(火) 【友引】一粒万倍日、大明日、母倉日
9月3日(日) 【先勝】一粒万倍日※不成就日
9月11日(月) 【先負】一粒万倍日、大明日※不成就日
9月18日(月) 【大安】一粒万倍日、大明日
9月23日(土) 【仏滅】一粒万倍日、大明日
9月30日(土) 【大安】一粒万倍日
10月5日(木) 【仏滅】一粒万倍日
10月15日(日) 【先負】一粒万倍日、大明日、母倉日※不成就日
10月18日(水) 【赤口】一粒万倍日、大明日
10月27日(金) 【先負】一粒万倍日、大明日、母倉日
10月30日(月) 【赤口】一粒万倍日、大明日
11月11日(土) 【赤口】一粒万倍日、大明日、母倉日
11月12日(日) 【先勝】一粒万倍日
11月23日(木) 【友引】一粒万倍日、母倉日
11月24日(金) 【先負】一粒万倍日※不成就日
12月5日(火) 【友引】一粒万倍日、母倉日
12月6日(水) 【先負】一粒万倍日
12月7日(木) 【仏滅】一粒万倍日
12月8日(金) 【大安】一粒万倍日
12月19日(火) 【大安】一粒万倍日、大明日
12月20日(水) 【赤口】一粒万倍日
12月31日(日) 【大安】一粒万倍日

天赦日とは?

「てんしゃび」または「てんしゃにち」と読み、「天に赦(ゆる)される」という意味があり、最上の吉日のひとつです。年に数回しかない、何をするにもよい貴重な日とされております。

天赦日の日にすると良いこと

  • 宝くじの購入
  • 財布の買い替え
  • 結婚、入籍
  • 出生届を出す
  • 銀行・証券口座の開設
  • 開業、独立
  • 新たなビジネスやプロジェクトをはじめる
  • 接待
  • 出資
  • 引っ越し

天赦日にするとよいことは、一粒万倍日とほぼ同じです。

天赦日の日にするとNGなこと

  • なし

天赦日に避けるべきことは、とくにありません。

2023年の天赦日

1月6日(金) 【友引】天赦日、一粒万倍日※最強開運日
3月21日(火) 【先勝】天赦日、一粒万倍日、寅の日 ※最強開運日
6月5日(月) 【友引】天赦日
8月4日(金) 【大安】天赦日、一粒万倍日、母倉日
8月18日(金) 【先負】天赦日※不成就日
10月17日(火) 【大安】天赦日

寅の日とは?

「とらのひ」と読みます。金運が高まる日といわれ、経済人などに人気のある吉日です。「寅」は動物の虎を指し、「千里を行って千里を帰る」といわれる虎のごとく、この日に旅に出ると安全に帰って来られるといわれてきました。このことが転じて、この日に財布を買うと、財布から出ていったお金を呼び戻してくれるとして、金運にまつわる吉日とよばれるようになりました。

寅の日にすると良いこと

  • 宝くじの購入
  • 財布の買い替え
  • 出資
  • 旅行にいく
寅の日にするとNGなこと

  • 結婚
  • 葬儀

結婚と葬儀については、寅の日におこなわない方がよいとされています。結婚については、「元の家族に戻ってきてしまう」というように、離婚に結び付くと言われ、葬儀については死者が成仏せず、家に戻ってきてしまうとされているからです。

2023年の寅の日

1月8日(日) 【仏滅】寅の日
1月20日(金) 【仏滅】寅の日
2月1日(水) 【大安】寅の日※不成就日
2月13日(月) 【大安】大明日、寅の日
2月25日(土) 【先勝】寅の日
3月9日(木) 【先勝】一粒万倍日、寅の日※不成就日
3月21日(火) 【先勝】天赦日、一粒万倍日、寅の日
4月2日(日) 【先勝】一粒万倍日、寅の日
4月14日(金) 【先勝】大明日、寅の日
4月26日(水) 【先負】寅の日
5月8日(月) 【先負】母倉日、寅の日
5月20日(土) 【仏滅】母倉日、寅の日
6月1日(木) 【仏滅】母倉日、寅の日
6月13日(火) 【仏滅】大明日、母倉日、寅の日
6月25日(日) 【赤口】母倉日、寅の日
7月7日(金) 【赤口】寅の日
7月19日(水) 【先勝】寅の日
7月31日(月) 【先勝】寅の日※不成就日
8月12日(土) 【先勝】大明日、寅の日
8月24日(木) 【先負】寅の日
9月5日(火) 【先負】寅の日
9月17日(日) 【仏滅】寅の日
9月29日(金) 【仏滅】寅の日
10月11日(水) 【仏滅】大明日、寅の日
10月23日(月) 【大安】寅の日※不成就日
11月4日(土) 【大安】寅の日
11月16日(木) 【先勝】寅の日※不成就日
11月28日(火) 【先勝】寅の日
12月10日(日) 【先勝】大明日、寅の日※不成就日
12月22日(金) 【友引】寅の日

巳の日とは?

「みのひ」と読み、芸術や財を司る弁財天(弁天様)に縁のある日とされています。巳とは蛇のことで、弁財天の遣いである白蛇を指すことから、金運・財運にまつわる縁起がよい日です。12日に一度、巡ってきます。

巳の日にすると良いこと

  • 宝くじの購入
  • 財布の買い替え
  • 投資

巳の日は、金運が上がる吉日です。お金にまつわる前向きな行動をするのがよいでしょう。

巳の日にするとNGなこと

  • 結婚式、入籍
  • 金銭の貸し借り

弁財天は、インド神話においてはサラスヴァティと呼ばれる女性の神様です。そのため、巳の日に結婚式などを挙げると、嫉妬を買うといわれており、避けるべきです。また、金運が上がる日ではありますが、金銭の貸し借りはしないほうがよいとされています。

己巳の日とは?

「つちのとみのひ」と読み、巳の日の中でもさらに縁起がよいとされる日です。この日は60日に一度あり、弁財天を祀る神社では必ずお祭りをするそうです。

己巳の日にすると良いこと

  • 宝くじの購入
  • 財布の買い替え
  • 開業、独立

己巳の日にすべきことは、巳の日と同じです。己巳の日のほうがより運気が上がると言われていますが、60日に一度のチャンスなので、逃さないようにしましょう。

己巳の日にするとNGなこと

  • 結婚式、入籍
  • 金銭の貸し借り

巳の日と同様に、結婚式などを挙げると、弁財天の嫉妬を買うといわれており、避けるべきです。金銭の貸し借りもやめたほうがいいでしょう。

大明日とは?

「だいみょうにち」と読みます。「天地の道が開き、遍く太陽の光が照らす日」という意味があり、最上開運日のひとつとされています。

大明日の日にすると良いこと

  • 引っ越し
  • 旅行
  • 結婚、入籍

大明日には、「移動を伴うこと」をすると縁起がよいとされています。

大明日の日にするとNGなこと

  • なし

大明日におこなってはならないことはとくにありませんが、凶日と重なると効果が無くなるとも言われています。

母倉日とは?

「ぼそうにち」と読み、天が人を慈しむ日と呼ばれています。「母親のように人を慈しむ」ということから、「母親になる=結婚、出産」の意味が込められ、結婚などに極めて向いている日といわれています。

母倉日の日にすると良いこと

  • 結婚、入籍
  • 結婚式
  • 出産
  • 引っ越し
  • 家の新築
  • 起業、開店
母倉日の日にするとNGなこと

  • なし

母倉日にしないほうがいいということはとくにありません。ちなみに、母倉日と凶日が重なった場合、通常ですと吉日のパワーが失われるとされますが、母倉日は凶日を打ち消すとされています。

不成就日とは?

その名のとおり、「何をやっても成就しない日」と呼ばれ、8日に一度訪れる凶日です。何かを新しくはじめたとしても、悪い結果を招くと言われているため、基本的にはこの日を避けて、新たなことをはじめましょう。

不成就日の日にすると良いこと

  • なし

不成就日は、何ごとも成就しないと言われている日なので、基本的に目立ったことはしないほうがよいとされています。

不成就日の日にするとNGなこと

  • 結婚、入籍
  • 子どもの命名
  • 開店
  • 引っ越し
  • 契約
  • 納車
  • 宝くじの購入など…あらゆること

他の吉日にやると良いとされていることは、基本的に不成就日にはやらないほうがよいでしょう。

吉日・開運日とあわせて確認したいあなたの開運日

吉日、開運日とあわせてあなたにとって「運気の良い日」について知りたいという方は、『水晶玉子 新ペルシャン占星術』で占う「2023年の運勢占い」と、「今月の運勢」を確認してみてください。

また水晶玉子さんのオリジナル占術「運景」では「天冲殺」という、誰にでも平等に訪れる時期があります。天冲殺が訪れる周期は、年運であれば12年の間に2年間、月運であれば1年の間に2ヶ月、日運であれば12日の間に2日やってくるといわれています。

天冲殺が3つ重なる「年月日のトリプル天冲殺」の日は特に大きな変化が訪れるので、普段とは違う自分であることを意識する必要があるので、あわせて確認すると良いでしょう。

▼「天冲殺」についてはこちら

【水晶玉子】運景の「天冲殺」は全6タイプ!過ごし方や早見表も徹底解説

「水星逆行はトラブルが起きやすいから要注意!」と聞いたことはありませんか?水星逆行がいつ来るのか、その意味などもあわせてご紹介しております。気になる方はこちらの記事もご覧ください。

▼「水星逆行」についてはこちら

水星逆行とは?2022~2023年の間でいつ、何が起こる?影響や過ごし方は?

過ごし方に要注意な期間、凌犯期間(七曜凌逼)は2023年は5回も巡りってきます。こちらも合わせてチェックしましょう。

▼「凌犯期間(七曜凌逼)」についてはこちら

凌犯期間(七曜凌逼)六害宿とは?水晶玉子が宿曜占星術で教える要注意な時期と過ごし方|2022年-2023年

▼水晶玉子が占う「今月の運勢占い」はこちら

「吉日・開運日」関連記事

2023年はどんな年?水晶玉子が生年月日で占う2023年の運勢&開運方法を伝授!

干支で占う2023年の運勢|十干×運景で水晶玉子があなたの運勢を鑑定【無料占い】

新月・満月カレンダー2022年-2023年|月の満ち欠けの影響とおすすめの過ごし方を解説!

皆既月食は運気にどう影響する?西洋占星術におけるおすすめの過ごし方を解説!2022年-2023年版

一粒万倍日・吉日・開運日|あなたの「幸運日」を水晶玉子が鑑定【2022年開運カレンダー】

【2022年の運勢】水晶玉子があなたの2022年を誕生日で占います

水晶玉子が占う「2022年最強運ランキング」12星座×血液型

水晶玉子が占う【2022年下半期運勢占い】12星座ランキング総合運・恋愛運・仕事運

占い師プロフィール

水晶玉子 新ペルシャン占星術
水晶玉子
占術研究家。
幼い頃から「占い」や「人の運命」に興味を持ち、東洋、西洋の枠を超え、数々の占術を研究。オリジナルな視点に立った解説は的中率も高く、またわかりやすいことから、熱狂的なファンを持つ。
1998年雑誌「FRaU」特集号でオリジナルの「オリエンタル占星術」を発表し大反響となって以後、「FRaU」「ELLE」「anan」「OZ Plus」「MEN'S NON-NO」など数々の雑誌で執筆を続け、特集され続けている。
「ゲッターズ飯田が唯一尊敬する占い師」「同業者も認める程の実力を持つ」として出演した2016年末のTV番組で若手俳優、人気お笑い芸人の秘密を次々と当てて一躍話題となった。
公式サイト:
水晶玉子 新ペルシャン占星術
公式SNS
Twitter:
@Suisho_Tamako
Instagram:
@suisho_tamako
Facebook:
水晶玉子のFacebookページ

監修者:
監修者紹介 | 水晶玉子 新ペルシャン占星術
いかがですか?運命の神秘、解き明かしています この先で詳しくお伝えいたします

今すぐ占う